ひきこもりの問題

医者

ここ数年で爆発的に増加しているひきこもりですが、2000年度に入りその数は200万人以上とされているのです。 さらに、ひきこもりの経験がある人の数を合わせるとその数はさらに多くなるでしょう。

Read More...

家族の支え

医者

子供の不登校や夫が会社に行けない、あらゆる年代で増えているひきこもりを解決するにはどうしたらよいか分からないことばかりです 。時間が解決すると安易に考えずに、これには家族の協力はとても大切になってきます。

Read More...

子供のひきこもり

こどものひきこもりの原因は

患者

子どものひきこもりについて相談にくる親のほとんどは、その責任が学校の先生や友達といった他者に目が向いていることがあります。 もちろんいじめや不登校といった問題から起こるひきこもりは、どうしても人のせいにしがちです。そして、子どもに「がんばれ、がんばれ。」と叱咤激励することにより、実はどんどん追い詰められ、子どもの行き場を失わせる原因となるのです。 ひきこもり相談は、ほとんどが子どもの親ですが、「自分には責任がない。」と思っている人がほとんどですが、実はその一番関係がないと思っている親に原因がある場合が多いのも事実です。 昔に比べてひきこもりが多くなっているのは、実は親と子どもの関わり方に変化が見られるからです。

実は親にも責任があるのです

昔は、今より親が子どもに対して放任だったはずです。今のように便利な生活ではなかったから、家のことに追われ子どものことまでじっくり考えている余裕はなかったのです。 しかし昔は子どもに無関心ではなく、子どもの自立をかげで支え見守ってきたのです。相談に来る親の多くは、子どもが壁にぶち当たらないように、目の前にある困難をすべて親が取り除いてやったり、子育てを任せっぱなしだったりすることがひきこもりの原因になっていることがあるのです。 相談に来て、子どもに寄り添うだけで少しずつ子どもが変わってくる場合があります。ただ、子どもの気持ちに寄り添うだけでいいのです。疲れ切った子どもの心と体がきっといつの日か戻ってくる日を信じましょう。

怖さと解決

医療

ひきこもりになるのは様々な要因が考えられますが、外の世界でつらい思いをしたことによって引き起こされるケースがとても多いです。 解決策をあれこれ探ったとしても個々の事案によって解決策は違ってきます。

Read More...